読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめランキング

おすすめをランキング形式で紹介

家族愛に泣ける映画をランキング形式で紹介する

今回は「家族」をテーマにした泣ける映画をご紹介します。

父と子、母と子、親と子供、兄と弟や姉と妹…普段は身近すぎて気づきにくいけれども、家族というものの大切さを教えてくれる映画を集めてみました!

 

 

10位 アイアムサム

I am Sam アイ・アム・サム [DVD]

I am Sam アイ・アム・サム [DVD]

 

知的障害者である父親と、その幼い娘との絆を描いた感動の物語。ハンディがあるがゆえに娘と引き離されてしまった父親が、幸福を取り戻すために奮闘する姿が涙を誘う。

 

 

9位 ライフ・イズ・ビューティフル

ライフ・イズ・ビューティフル [DVD]

ライフ・イズ・ビューティフル [DVD]

 

収容所に送られたユダヤ人の父親が幼い息子を生きながらえさせるためにとった意外な作戦をぺーソスあふれるタッチで描いた感動作。幼い息子を生きながらえさせようとした父親の命がけの嘘がもたらした奇跡の物語

 

 

8位 ビッグフィッシュ 

BIG FISH

BIG FISH

 

父親が息子に語る話は、到底真実とは思えないような大げさな話の数々。けれども、その話は……。見終わった後に残る余韻が秀逸な父と子の物語。
 

 

7位 海辺の家

海辺の家 [DVD]

海辺の家 [DVD]

 

それまで自分の好きなように生きてきた建築デザイナーの男が、余命3ヵ月と知り、人生を見つめ直し、自分の家を建て直すことで失った息子との絆を取り戻そうとする姿を描いた感動作。

 

 

6位 ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]

 

大好きな父親を911のアメリカ同時多発テロで亡くした少年が、父親の残した鍵の謎を探るべくニューヨーク中を奔走する姿を描く感動ドラマ。遺された者はどう生きるか。優しくスリリングな心のロードムービー

 

 

5位 マリと子犬の物語

マリと子犬の物語 スタンダード・エディション [DVD]

マリと子犬の物語 スタンダード・エディション [DVD]

 

2004年に中越地方を襲った大地震。そこで起きた実話の絵本をもとに、被災者家族とイヌたちの感動ドラマを映画化。船越英一郎宇津井健らの実力派と子役の名演が涙を誘う。

 

 

4位 幸せへのキセキ

マット・デーモン主演。最愛の妻を亡くし、子育てをするベンジャミンが、動物園付きの家を買う、実話を元にした映画。

ベンジャミンの子育てや、開園までの葛藤に心動かされる。

 

 

3位 クレヨンしんちゃん大人帝国の逆襲

いわずと知れた名作。

春日部に誕生した“20世紀博”。そこはひろしやみさえたちが育った70年代のテレビ番組や映画、そして暮らしなどを再現した懐かしい世界にひたれるテーマ・パークだった。大人たちは子供そっちのけで“20世紀博”に熱中していくのだったが……

 

 

2位 ウォルター少年と、夏の日

ウォルター少年と、夏の休日 コレクターズ・エディション [DVD]

ウォルター少年と、夏の休日 コレクターズ・エディション [DVD]

 

A.I.」のハーレイ・ジョエル・オスメント主演による感動作。田舎町に預けられた孤独な少年が、偏屈ながらも愛すべき2人のおじいさんと過ごす夏休みを、優しく紡ぎだす。

 

 

1位 クレイマー、クレイマー

マンハッタンに住む平凡なサラリーマンの家庭に起こった妻の家出にはじまるさまざまな出来事を中心に描く。離婚と養育権という、現代アメリカが避けて通れない社会問題をハートウォームな人情劇を通して描いた80年の代表作品。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

ここでご紹介した映画はどれも観始めたら涙が止まらない感動作ばかりです。

少しでも気になる作品がありましたら、ぜひ家族と一緒に観てみましょう!

近すぎるけれど大切な存在、映画と一緒に見直してみませんか?

広告を非表示にする