読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめランキング

おすすめをランキング形式で紹介

経営がテーマの本をランキング形式で紹介する

今回は、経営がテーマの本をランキング形式でご紹介していきたいと思います。
企業や経営に興味のある方や、これから社会に出られる学生の方にも自信を持っておすすめできる名著ばかりですよ。

 

 

24位 ビジョナリー・カンパニー

ビジョナリー・カンパニー【特別編】

ビジョナリー・カンパニー【特別編】

 

時代を超え際立った存在であり続ける企業18社を選び出し、設立以来現在に至る歴史全体を徹底的に調査、ライバル企業と比較検討し、永続の源泉を「基本理念」にあると解き明かす。

 

 

23位 プロフェッショナルマネジャー

プロフェッショナルマネジャー  ?58四半期連続増益の男

プロフェッショナルマネジャー  ?58四半期連続増益の男

 

かつての巨大コングロマリット米ITTの社長兼CEO(最高経営責任者)として58四半期連続増益を遂げたハロルド・ジェニーン氏の経営論。1985年刊行のものを復刊した。経営の教科書にしている柳井正ファーストリテイリング会長兼CEOが解説を加える。

 

 

22位 稲盛和夫実学―経営と会計

稲盛和夫の実学

稲盛和夫の実学

 

バブル経済に踊らされ、不良資産の山を築いた経営者は何をしていたのか。儲けとは、値決めとは、お金とは、実は何なのか。身近なたとえ話からキャッシュベース、採算向上、透明な経営など七つの原則を説き明かす。ゼロから経営の原理と会計を学んだ著者の会心作。

 

 

21位 MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

 

「デジタルによる革命は、これからが本番だ──」

『フリー』以上の衝撃──ベストセラー『フリー』『ロングテール』のクリス・アンダーソンが描く次のパラダイムシフトは〈メイカームーブメント〉だ!
21世紀の製造業は、アイデアとラップトップさえあれば誰もが自宅で始められる。ウェブの世界で起こったツール民主化が、もの作りの世界でも始まったのだ。メイカーズ(モノ作る人々)の革命が、世界の産業構造を再び変える! ベストセラー『フリー』『ロングテール』の著者が描く、次のパラダイムシフト。

 

 

20位 競争の戦略

競争の戦略

競争の戦略

 

産業が違い、国が違っても競争戦略の基本原理は変わらない。戦略論の古典としてロングセラーを続けるポーター教授の処女作。

 

 

19位 ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか

ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか

ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか

 

マーケティング、経営戦略、組織、会計等について説いた本は数多ありますが、利益や収益性について真正面から扱った本は意外と少ない感じがします。本書はその「利益」について理解を深めるべく、発生パターンをストーリー仕立てに詳述したものです。対話形式で読みやすく、かつ問題意識も刺激されるので、飽きることはありません。レッスンの最後には宿題が出ますので、読者の方もいっしょに考えてみてください。

 

 

18位 最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと

最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと

最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと

 

リーダーは情熱的でなくても魅力的でなくてもいい。弁舌に長けていなくてもいい。 どこを目指しているか、いま何をすべきかだけを示せればいい。トップクラスの人たちだけが知っている、ビジネスを支配する隠れた原則。

 

 

17位 ウィニング 勝利の経営

ウィニング 勝利の経営

ウィニング 勝利の経営

 

GEを時価総額・世界№1企業に育て上げ、「20世紀最高の経営者」と呼ばれるジャック・ウェルチが、「人材採用のチェックポイント」から、「いやな上司への対処法」「天職の探し方」「中国との競争に勝つ方法」まで、ビジネスで成功するためのノウハウをたっぷりと、驚くほど具体的に明かす。

 

 

16位 戦略思考コンプリートブック

戦略思考コンプリートブック

戦略思考コンプリートブック

 

ビジネス上の戦略に絶対的な正解はない。むしろ自分の頭を動かして、最適解に近づくためのプロセスを学ぶことが必要。図表やチャートを使った仮説検証・論点分解の方法を、具体例と練習問題を交えて解読する。

 

 

15位 リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間

リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間

リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間

 

日本のみならず、世界でもホテルランキングで絶えずトップグループを保ち続けるリッツカールトンの秘訣を、現職の責任者が初めて公開する。お客様にリピーターになっていただくため、会社の信念(クレド)を具体的な仕事やサービスに結びつけるさまざまな仕組みを紹介している。

 

 

14位 はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

 

25,000社以上のコンサルティング経験に基づく長年のノウハウを初公開。アメリカの起業家たちに最も影響を与え続けているバイブル的な一冊。今まで日本にはなかった、スモールビジネス版「金のなる木」のつくり方。

 

 

13位 戦略プロフェッショナル

日本企業に欠けているのは戦略を実戦展開できる指導者だ。新しい競争のルールを創り出し、市場シェアの大逆転を起こした36歳の変革リーダーの実話をもとに、改革プロセスを具体的に描く迫真のケースストーリー。ベスト&ロングセラーテキストの文庫化・最新版。

 

 

12位 小さな会社・儲けのルール

小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略
 

ランチェスター戦略で知られる経営コンサルタント竹田陽一が、中小企業が成功するための戦略とマーケティング、営業のノウハウを披露した1冊。創業期のソフトバンクやコンビニのセブン-イレブンも実践していたというランチェスター戦略をはじめ、数多くの中小企業の盛衰を見つめ続けてきた著者ならではのノウハウが散りばめられている。

扱う商品・サービスの決め方から、営業・顧客戦略の核となるエリア戦略、性格にあった営業スタイルの選び方など、中小企業の経営者が必要なノウハウのほとんどを網羅しており、かつ内容は刺激的である。

 

 

11位 最強組織の法則―新時代のチームワークとは何か

最強組織の法則―新時代のチームワークとは何か

最強組織の法則―新時代のチームワークとは何か

 

音を立てて崩れ去る日本の「経営神話」。終身雇用制も崩れつつある中、チームの問い直しに迫られる日本企業の道は、自らが学習機能を持った「ラーニング・オーガニゼーション」となる他にはない。

 

 

10位 企業参謀

[新装版] 企業参謀 戦略的思考とは何か

[新装版] 企業参謀 戦略的思考とは何か

 

企業で戦略的思考を実践する人材集団を作る具体的戦略思考を編みだし,実践する企業だけが生き残る.実践に役立つ戦略的問題の解決者である企業参謀集団の能力・構造・手法を豊富な事例でわかりやすく説く

 

 

9位 戦略「脳」を鍛える

大前研一氏が主催するビジネス・ブレークスルーで放送された「戦略構想力-頭の使い方を身につける」をベースに「頭の使い方」に焦点を当てて編集。「発想力」「論理力」、そして御立氏やボストンコンサルティンググループが長年の経験で築いてきた戦略立案の「勘所」を紹介し、戦略構想力の本質を解説していく。

 

 

8位 知識創造企業

知識創造企業

知識創造企業

 

これからはどんな企業も「知識創造」をしていかなければ生き残れない。『エコノミスト』等世界の一流誌が絶賛した、世界に誇りうる日本人による初の「経営理論」。

 

 

7位 日本でいちばん大切にしたい会社

日本でいちばん大切にしたい会社

日本でいちばん大切にしたい会社

 

なぜこの会社には、4000人もの学生が入社を希望するのか?なぜこの会社は、48年間も増収増益を続けられたのか?なぜこの会社の話を聞いて、人は涙を流すのか?6000社のフィールドワークで見出した「日本一」価値ある企業。

 

 

6位 イノベーションのジレンマ

イノベーションのジレンマ 増補改訂版 Harvard business school press

イノベーションのジレンマ 増補改訂版 Harvard business school press

 

イノベーションのジレンマ 技術革新が巨大企業を滅ぼすとき

市場を一新するほどの革新技術が、市場と企業の序列をどのように変えていくかを分析した本。そのような革新技術、つまり「破壊的イノベーション」によって既存の優良企業はそれまでの成功体験が足かせとなって追いつめられていくとする。原著出版時には、ハードディスク分野における技術革新と価格に対する企業の盛衰を詳細に分析した章が話題になった。あなたがメーカー勤務のエンジニアなら読んでおくべき本だ。

 

 

5位 ストーリーとしての競争戦略

ストーリーとしての競争戦略 Hitotsubashi Business Review Books

ストーリーとしての競争戦略 Hitotsubashi Business Review Books

 

日本経済新聞』『朝日新聞』『プレジデント』

週刊東洋経済』『日経ビジネス』『週刊ダイヤモンド』など
各メディアやブログなどで紹介、絶賛!

戦略の神髄は 思わず人に話したくなるような面白いストーリーにある!

 

 

4位 ブルー・オーシャン戦略

[新版]ブルー・オーシャン戦略

[新版]ブルー・オーシャン戦略

 

本書は、T型フォードからCNN、セメックス、ニューヨーク市警察、シルク・ドゥ・ソレイユまで、過去120年間30以上の業界で生み出されてきたブルー・オーシャンの調査結果をもとに、未知の市場空間を創造し、差別化と低コストを同時に実現するための戦略を説き明かした画期的な書である。

 

 

3位 60分間・企業ダントツ化プロジェクト

本書では、企業における最大の注視対象は競合企業ではなく、顧客であるという前提に立っています。顧客の心を捉える企業戦略をどういう観点から構築すればいいのかを、顧客感情をベースとした13のチャートによって、実践的に、わかりやすく解説しています。このチャートをつくる作業は60分ほど集中して行えば完了するようなものです。その60分間であなたの右脳は刺激をうけ、創造性を発揮できるでしょう。そしてその最終結果として自動的にダントツになる企業戦略立案が実現されます!

 

 

2位 失敗学のすすめ

失敗学のすすめ (講談社文庫)

失敗学のすすめ (講談社文庫)

 

これからの時代に必要な新しい学問のすすめ創造の時代に必要なのは、成功に学ぶことではなく、失敗に学ぶことだ。失敗の種類、法則から大失敗の避け方失敗の活かし方まで、「失敗に学ぶ」エッセンスを解説

 

 

1位 ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

ザ・ゴール

ザ・ゴール

 

企業のゴール(目標)とは何か——アメリカ製造業の競争力を復活させた、幻のビジネス小説。TOC(制約条件の理論)の原典。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
どの本も、昔から大勢のビジネスマンに読まれてきた名著ばかりですので、どれを読んでも企業経営を知る上で非常に参考になると思います。
気になる本がありましたら、ぜひ読んでみてくださいね!

広告を非表示にする