読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめランキング

おすすめをランキング形式で紹介

百田尚樹のおすすめ小説をランキング形式で紹介する

今回は、百田尚樹のおすすめ小説をランキング形式でご紹介していきたいと思います。

「永遠の0」が有名な百田尚樹さんの小説ですが、それ以外にも名作・傑作はたくさんありますので、ご紹介していきたいと思います。

 

 

15位 モンスター

モンスター (幻冬舎文庫)

モンスター (幻冬舎文庫)

 

田舎町で瀟洒なレストランを経営する絶世の美女・未帆。彼女の顔はかつて畸形的なまでに醜かった。周囲からバケモノ扱いされる悲惨な日々。思い悩んだ末にある事件を起こし、町を追われた 未帆は、整形手術に目覚め、莫大な金額をかけ完璧な美人に変身を遂げる。そのとき亡霊のように甦ってきたのは、ひとりの男への、狂おしいまでの情念だった。

 

 

14位 日本よ、世界の真ん中で咲き誇れ

日本よ、世界の真ん中で咲き誇れ

日本よ、世界の真ん中で咲き誇れ

 

「第二次安倍政権は何が違うかと言えば、政策を実行するかどうかです。私は必ずやり抜きます! 」

 

 

13位 永遠の0

永遠の0 (講談社文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

 

「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、1つの謎が浮かんでくる…。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。

 

 

12位 風の中のマリア

風の中のマリア (講談社文庫)

風の中のマリア (講談社文庫)

 

『ボックス!』の百田尚樹、注目の新作登場 女王が統べる帝国に戦士として生まれたマリア。過酷な闘いの連続に身を投じていた彼女に、ある日出会った男性が衝撃的な事実を告げる。帝国とマリアの運命とは? …このテキストは、 単行本 版に関連付けられています。

 

 

11位 夢を売る男

夢を売る男 (幻冬舎文庫)

夢を売る男 (幻冬舎文庫)

 

永遠の0(ゼロ)』の百田尚樹、大暴走!!

最新書き下ろしは、出版界を舞台にした掟破りのブラック・コメディ!

 

 

10位 錨を上げよ

錨を上げよ(上) (100周年書き下ろし)

錨を上げよ(上) (100周年書き下ろし)

 

この男、いったい、何者か。

昭和30年大阪下町生まれ。その名は、作田又三。
下品で、ずるくて、しぶとくて、ルール無視でもお構いなし。
人生の至る所で敗北を喫しながらも、絶対にへこたれない不屈の男。

大ベストセラー『永遠の0』をはるかに凌ぐ感動! 疾風怒濤の2400枚。圧倒的青春小説。

 

 

9位 影法師

影法師 (講談社文庫)

影法師 (講談社文庫)

 

光があるから影ができるのか。影があるから光が生まれるのか。国家老・名倉障蔵が追った竹馬の友・彦四郎の不遇の死、その真相とは。

 

 

8位 聖夜の贈り物

聖夜の贈り物

聖夜の贈り物

 

イブの一夜、五人の女性に起きた五つの奇蹟!

永遠の0』で全国の読者を感涙の渦に巻き込んだストーリーテラー百田尚樹が贈る、愛をめぐる珠玉のファンタジー短編集!

 

 

7位 ボックス!

ボックス!(上) (講談社文庫)

ボックス!(上) (講談社文庫)

 

高校ボクシング部を舞台に、天才的ボクシングセンスの鏑矢、進学コースの秀才・木樽という二人の少年を軸に交錯する友情、闘い、挫折、そして栄光。二人を見守る英語教師・耀子、立ちはだかるライバルたち…。様々な経験を経て二人が掴み取ったものは!?

永遠の0』で全国の読者を感涙の渦に巻き込んだ百田尚樹が、移ろいやすい少年たちの心の成長を感動的に描き出す傑作青春小説!

ボクシング小説の最高傑作がいま誕生した!

 

 

6位 リング

リング

リング

 

5月22日映画公開で話題沸騰の『ボックス!』。その原作者・百田尚樹が、再びボクシングを題材に筆をとった。

1960年代、日本ボクシングの最も熱くて輝ける季節
伝説の名チャンピオン・ファイティング原田とライバルたちの激闘の軌跡を描いた『リング』である。

 

 

5位 プリズム

プリズム (幻冬舎文庫)

プリズム (幻冬舎文庫)

 

いま目の前にいるのは、私が愛した“あなた”ですか?

かつて誰も経験したことのない、切なくミステリアスな恋愛の極致!!

 

 

4位 海賊とよばれた男

海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)

海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)

 

異端の石油会社「国岡商店」を率いる国岡鐵造は、戦争でなにもかもを失い残ったのは借金のみ。そのうえ大手石油会社から排斥され売る油もない。しかし国岡商店は社員ひとりたりとも解雇せず、旧海軍の残油浚いなどで糊口をしのぎながら、逞しく再生していく。20世紀の産業を興し、人を狂わせ、戦争の火種となった巨大エネルギー・石油。その石油を武器に変えて世界と闘った男とは?

 

 

3位 輝く夜

輝く夜 (講談社文庫)

輝く夜 (講談社文庫)

 

ある一夜、5人に起こった5つの奇蹟。 クリスマスイブに長年勤めた会社を解雇された恵子。なけなしのお金を人にあげてしまうほどのお人好し。その彼女が一本の万年筆を手にしたら…。

 

 

2位 「黄金のバンタム」を破った男

「黄金のバンタム」を破った男 (PHP文芸文庫)

「黄金のバンタム」を破った男 (PHP文芸文庫)

 

打たれても打たれても前に出る男は、こんなにも美しい…。

敗戦から十余年、十九歳で世界王座についたファイティング原田
三年後、史上最強と言われていた「黄金のバンタム」 エデル・ジョフレを破り、日本人初の二階級制覇。

 

 

1位 幸福な生活

幸福な生活 (祥伝社文庫)

幸福な生活 (祥伝社文庫)

 

「道子さんを殺したのは、私なのよ…。」

認知症が進んでから母はよく喋るようになった。
しかし、その話の大半は出鱈目だ。妻は自分がいつ殺されたのと笑うだろう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

短編小説も長編小説も、百田尚樹さんの小説はどれも読み応えがある作品ばかりですよ。

気になる作品がありましたら、ぜひ読んでみてくださいね!

広告を非表示にする