読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめランキング

おすすめをランキング形式で紹介

おすすめの異世界冒険ファンタジー漫画をランキング形式で紹介する

漫画

今回は、異世界での冒険をテーマにしたファンタジー漫画をご紹介していきたいと思います。
現実世界とはちょっと異なる世界観で繰り広げられるドラマティックなストーリー展開に、思わず漫画を読み進める手がとまらなくなってしまいますよ。

 

 

15位 ひきだしにテラリウム

ひきだしにテラリウム
 

作者固有の絵柄というフィルターを通して描かれる漫画は、(例えどんなに余白があろうとも)イメージの限定がついてまわるものだ。

ところが、本作はそんな概念を軽々と飛び越えてしまった。

本作に収録された33編のショートショートは、絵柄はもちろん、構成から演出まで、どれ1つとして類似したものがない。

少年・少女、青年・ヤングレディース、SF、ギャグ、ホラー…ありとあらゆる漫画の技法が詰め込まれている。

短い頁数に実験的なアイデアが施されているが、それらがあまねく“すべらない”のは奇跡的だ。

 

 

14位 ヒノコ

ヒノコ 1 (花とゆめコミックス)

ヒノコ 1 (花とゆめコミックス)

 

「漢字」をそのまま実現してしまえるチカラを持った少女の冒険ファンタジー。

ノホホ~~ンとした田園風の古代の関所(らしき門)から話が始まり、しかも東洋風の衣装なので中華ファンタジーに見えます。

でも追々舞台が日本であることがわかり、かつて卑弥呼(を彷彿させる巫女社会)VS大和朝廷(を連想させる武力社会)の歴史があったっぽい描写が出てきたりして、同時に王宮では政治的な思惑が動き出し、なかなか深い世界観が徐々に構築されていきます。

異能のチカラを持つと便利だけれど、便利すぎてそれを利用しようとする人達が後を絶たない。
マユラの同行者となる少年のシン君が徐々に成長していく姿が、子供のくせに頼もしくて胸キュン。

 

 

13位 夏目友人帳

夏目友人帳 1 (花とゆめコミックス)

夏目友人帳 1 (花とゆめコミックス)

 

アニメから入ったので、原作が少女マンガだとは思わず、けっこう意外でした。

ジャンプスクエアあたりかな~との予想が、花とゆめでした。

どちらもファンタジー系でアリですね。

そんなに巻数が出ていないわりに古めの作品なのも不思議でした。

ゆっくり人気を積み重ねてきたんですね。

妖怪が見える主人公の夏目貴志が祖母の手帳を見つけたところから物語は始まり、ときに切なく、ときに優しく妖怪との関わりを描いています。

 

 

12位 DRAGON QUEST ダイの大冒険

ドラクエを元にした「Dragon questダイの大冒険」は、竜と人間の間に生まれた主人公・ダイが仲間と共に闘いながら成長していくストーリーで、ゲームに負けず劣らず大ヒット。

設定や呪文などゲームとの共通項もあり、オリジナルありで2倍楽しめます。

画は低年齢向けかもしれないけれど、ストーリーは大人こそ読んで欲しい!

 

 

11位 十 忍法魔界転生

どこかで聞いたことがあると思ったら、原作は山田風太郎の「魔界転生」ではないか!

映画版を思い出す。

懐かしい気持ちで読み返したが、せがわまさきの画力がトンデモない。

展開はなんとなく覚えていたけれど、2ページぶち抜きのコマ割とか、すごい迫力に思わず引き込まれてしまう。

 

 

10位 ポケットモンスタースペシャル

もしかしたら、知らない人はいないんじゃないかと思うくらい超有名な「ポケモン」。

ピカチューの名前は知らなくても、黄色いネズミみたいなキャラクターは誰もが見たことくらいはあるはず。

世間の認知度はかなり高めでしょう。

 

 

9位 宝石の国

襲来する宇宙人を地球人が撃退する!

世界中の映画や小説、コミックで描き尽くされた設定ではあるが、市川春子は思いもよらないベクトルから新味を出すことに成功した。

時は遥か未来。

地球の残骸のような星には28人の宝石生命体が存在し、彼らを拉致して装飾品にしようと画策する月人たちと日々戦っている。28人にはそれぞれ宝石の名がつけられ、硬度や特性が引き継がれている。

 

 

8位 マギ シンドバッドの冒険

アニメ化もされている人気マンガ「マギ」の前章として、無料のwebコミックサイト「裏サンデー」で連載中の「マギ シンドバッドの冒険」。

主人公は、本編「マギ」で七海の覇王と呼ばれるシンドバッド!
本編の中でも特に人気のあるキャラであるシンドバッドに加えて、他のキャラの若き日も見られるという豪華さで、ただの外伝じゃなく、壮大な物語になりそうです。

 

 

7位 王家の紋章

王家の紋章 1 (プリンセス・コミックス)

王家の紋章 1 (プリンセス・コミックス)

 

主人公キャロルリードはアメリカからエジプトに留学中の16才。

考古学に興味を持ち、古代エジプトの王メンフィスの墓の発掘に関与したため、その姉アイシスの呪いによって古代エジプトにタイムスリップしてしまう。

古代エジプトで奴隷として途方にくれるキャロルだが、金髪や白い肌が王家の人々の目に留まり、窮地を脱する。

やがて、現代の知識や倫理観を武器に預言を行いやがてはメンフィスの暗殺も回避してしまう。

メンフィスと愛し合うようになっていくキャロルの運命は王家を始め周辺諸国の人々と複雑な争いに発展していく。

 

 

6位 バジリスク~甲賀忍法帖~

想像の斜め上を行くストーリー展開、奇想天外な忍術、そして雑魚キャラという言葉が当てはまらないほど強烈なキャラクターの数々…。

バトルもの、ファンタジーものが好きならば、やっぱり山田風太郎作品は絶対に読むべき。

否応なしに絵が浮かんでくるほどの生き生きとして描写は、何度読み返しても色褪せない。

しかも半世紀も前に書かれたものだと思うと、脱帽しかない。

 

 

5位 ヴォイニッチホテル

映画でいう「グランドホテル形式」の物語だが、登場するキャラがクセありすぎ!

舞台は南国の小島のリゾートホテルで、訪れた一風変わったお客と従業員と住民たちのワケありの人生がうまい具合に交わるわけだけど、どんより暗い。

だから、はじめは「なんだ、これ」と思ったけれども、衝撃的な読後感にどんどんハマっていった。

伏線もあちこちに張り巡らされていて、どうやって回収するのか気になるのも妙に心地いい。

 

 

4位 犬夜叉

犬夜叉 (1) (少年サンデーコミックス)

犬夜叉 (1) (少年サンデーコミックス)

 

テレビアニメーション、アニメ映画としてもお馴染みの作品がコレ。ついつい、テレビや漫画を途中から見て、留美子ワールドにハマってしまったなんて方も多いはず。

何事も、原点っていうか、始まりを読まなくては、その先がなぜそうなってくるのかなんてことは語れません。

 

 

3位 ふしぎ遊戯 玄武開伝

中学生のヒロイン・美朱と親友・唯が本の中に吸い込まれ、古代中国に似た異世界で戦いに巻き込まれるというファンタジーです。

でも、設定が少女マンガぽくない?

戦国時代というのが、少年マンガぽいなと思いつつも、愛と憎しみの連鎖が女性作家ならではかも。

少女時代には難しかった気がしたけれど、大人になって読み返して改めて面白いと思った作品です。

親友同士だからこその愛憎が読んでいて切なかった…。

 

 

2位 7thGARDEN

7thGARDEN 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

7thGARDEN 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

異世界を舞台としたファンタジー。地球ではない別のどこかにある星が舞台。

主人公のアウィンの目の前に美女ヴィーデが現れたが彼女は悪魔で…。
中世のヨーロッパを踏襲した世界観でさまざまな謎を残したまま展開して行く。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」のコミカライズを手がけた泉光が描いているのでキャラの綺麗さは群を抜くレベル。

作画のシャープさがいい。力強いながらも繊細な画風であり細かな装飾に至るまで描かれていて圧倒される。

キャラクターにも魅力があり、各キャラは描き分け見やすさに重点を置いている感が強い。
悪魔のヴィーデがおちゃめで展開を盛り上げてくれて笑えるシーンも。
黒髪でナイスバディの体つきは魅力的で個人的に嫁指定。

 

 

1位 聖☆おにいさん

聖☆おにいさん(1) (モーニングコミックス)

聖☆おにいさん(1) (モーニングコミックス)

 

今までにない主人公、読んだことのないストーリー。1巻はとまどいつつも読んでいくうちに、面白いかなーと。2巻にいくと、クリスマス・お正月・初詣が出てくるし、おみくじが好きみたいだし、コンビニ・ブログが好きなんて、笑っちゃいます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日常生活をはみ出した非日常の雰囲気を手軽に味わうことのできる、異世界ファンタジー漫画をご紹介してきましたが、あなたにとって楽しめそうな作品は見つかりましたでしょうか?

気になる作品がありましたら、ぜひ読んでみてくださいね!

広告を非表示にする