読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめランキング

おすすめをランキング形式で紹介

「孤独」や「不安」がテーマのおすすめ漫画を紹介する

今回は、「孤独」や「不安」がテーマのおすすめ漫画をランキング形式でご紹介していきたいと思います。
どの漫画も、主人公の孤独な日常や、将来に対する不安を巧みに描いた味わい深い作品ばかりです。

 

 

20位 東京闇虫

東京闇虫 1 (ジェッツコミックス)

東京闇虫 1 (ジェッツコミックス)

 

借金まみれの加藤は東京で謎の男に出会う! 不気味な仕事で大金を得続けるが…!?

 

 

19位 ボーイズ・オン・ザ・ラン

ボーイズ・オン・ザ・ラン(1) (ビッグコミックス)
 

金曜日、池袋の夜、テレクラ。田西敏行は、先ほどの会社の飲み会で、憧れの植村ちはると話せたことの喜びに浸っていた。妄想でしか彼女とSEXできない現実を憂い、テレクラで電話を待っているうちに27歳の誕生日まで残り時間5分。ようやくかかってきた女性と待ち合わせをするが、見ればとんでもない怪物女だった。

 

 

18位 僕は問題ありません

僕は問題ありません (モーニングコミックス)

僕は問題ありません (モーニングコミックス)

 

淋しい「一人」と「一人」が出会い、人生は輝き出す。生きていく淋しさを抱えた、すべての人の心に虹をかける短編八編を収録。

 

 

17位 俺はまだ本気出してないだけ

「俺はマンガ家になる」と、40歳で会社を辞め、夢を追いかける生活に入った男・大黒シズオ。父親からは顔を見るたびに説教され、幼なじみからは本気で心配され、17歳の娘に温かく見守られながら、マンガ執筆とバイトとサッカーゲームの日々。

 

 

16位 中卒労働者から始める高校生活

中卒労働者から始める高校生活 1

中卒労働者から始める高校生活 1

 

工場で働く18歳の片桐真実(かたぎりまこと)は、自分を中卒だと笑い捨てた周囲を見返すべく、高校受験に失敗した妹の真彩(まあや)と共に『通信制高校』に入学する。

 

 

15位 まだ、生きてる…

まだ、生きてる・・・ 第1巻

まだ、生きてる・・・ 第1巻

 

定年を迎えたサラリーマン・岡田憲三。家に帰ると家族は消えていた。妻が全財産を持ち逃げし、息子や娘は音信不通に…。生きる事に疲れた希望も無くした憲三は、60年の人生の幕を閉じようと、故郷・房総の山奥に入り首吊り自殺を図るが…。

 

 

14位 34歳無職さん

彼女は色々と思うことあって“1年間何もせずにいよう”と決めます。でもって始まる無職ライフ。新しい掃除機に一喜一憂したり、夜の街に耳を済ませて銀河鉄道に想いを馳せたり…急がず、焦らず、働かずな無職さんの日常をそっと覗いてみませんか?

 

 

13位 土星マンション

地球全体が自然保護区域となり、地上に降りることが許されなくなった時代。中学卒業を迎えた少年・ミツは、地球の35、000メートル上空で周囲をめぐる、上層・中層・下層からなる巨大な建造物・リングシステムで産まれ育った。卒業と同時に亡き父と同じ職業「リングシステムの窓を拭く仕事」に就いたミツは、父の死に対する疑念を抱きながら、超ベテランのパートナー・仁とコンビを組むことに

 

 

12位 男おいどん

九州男児「おいどん」こと大山昇太は4畳半に住んでいる。昼間に工場でバイトし、夜間高校に通う彼だが失敗がもとでクビ、中退、失恋と次々に試練が重なる。

 

 

11位 わにとかげぎす

わにとかげぎす(1) (ヤンマガKCスペシャル)

わにとかげぎす(1) (ヤンマガKCスペシャル)

 

主人公富岡ゆうじはスーパーで深夜の警備員をしている32歳。彼は不意に、自分にこれまで友だちや恋人と呼べる存在がいなかったことに気づき、これまでの孤独で無為な人生を後悔し、友だちを作ろうと決めた。

 

 

10位 僕の小規模な失敗

僕の小規模な失敗

僕の小規模な失敗

 

若かったころの著者の失敗多き「自分」探しの旅の物語。

 

 

9位 匿名の彼女たち

匿名の彼女たち(1) (ヤングマガジンコミックス)

匿名の彼女たち(1) (ヤングマガジンコミックス)

 

中堅商社勤務の独身男(32)が日本全国の「嬢」と触れ合う、エロくて生々しくて、ちょっぴり温かい風俗叙情詩。

 

 

8位 ルサンチマン

ルサンチマン(1) (ビッグコミックス)
 

金ナシ、女ナシ、おまけにブサイク! 三拍子そろったダメ男・坂本拓郎(30歳)が辿り着いた先は、3D美少女ゲームの仮想現実世界!

 

 

7位 Sunny

Sunny(1) (IKKI COMIX)

Sunny(1) (IKKI COMIX)

 

様々な事情を持つ子供たちが、親と離れて暮らす場所、星の子学園。

 

 

6位 藤子不二雄Aブラックユーモア短篇集

短編の中の一つ『明日は日曜日そしてまた明後日も…』

社会問題の「引きこもり」が描写されたような短編作品で、この作品は1971年に
発表されたものであるだけに「先見の明」があったのかなと感じ取れます。この短編作品の主人公は入社初日を迎えた田宮坊一郎です。両親から期待されて会社へ向かいましたが、会社の入口前にいる守衛(ガードマン)に萎縮してしまい、その場から逃げ出してしまいます。時間だけが過ぎていって、坊一郎は「もう会社にいけない」と思ってしまいました。

 

 

5位 無頼伝 涯

無頼伝 涯 1

無頼伝 涯 1

 

資産家の老人を殺害した犯人に仕立て上げられた中学生・工藤涯が、自分の無実を証明するために闘う。

 

 

4位 最強伝説 黒沢

最強伝説 黒沢 1

最強伝説 黒沢 1

 

自分の人生があまりにも満ち足りていないことに焦りを覚え、44歳の誕生日を機に生き方を変えようと奮闘する。

 

 

3位 素晴らしい世界

日常に不満ややりきれない思いを抱いている主人公たちが、格エピソードを通して、やっぱり日常を肯定していく短編集。

 

 

2位 たそがれたかこ

たかこは、母と暮らすバツイチ45歳。深川から自転車で新大橋を渡り、社員食堂のパートに通う。このところ、夜にやられて隅田川のほとりで一人、酒を飲む。

 

 

1位 ヒメアノ~ル

主人公の岡田君は20代半ばで、ビルの清掃会社のパートタイマー。何の変哲もない日々に不安や不満を感じて暮らしています。一念発起しようにも、何も思いつかない彼がとった行動とは?

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここでご紹介したどの漫画も、読んでいてだんだんと感情移入してくると、胸が苦しくなってくるような重圧感に苛まれてしまいます。けれども読むのをやめられなくて、目が離せないまま最後まで読み切ってしまうことになるでしょう。

気になる作品がありましたら、ぜひ読んでみてくださいね!

広告を非表示にする