おすすめランキング

おすすめをランキング形式で紹介

地味でもおすすめの邦画を紹介する【ほっこり】

派手なアクションや演出はなくても、邦画特有の落ち着いた雰囲気や間が素晴らしい作品はたくさんあります。
今回はそんな邦画の中で、おすすめのものを紹介していきます。

 

 

10位 トウキョウソナタ

トウキョウソナタ [DVD]

トウキョウソナタ [DVD]

 

仕事に没頭する毎日を送っている平凡なサラリーマンの佐々木竜平(香川照之)は、ある日突然、長年勤め上げた会社からリストラを宣告されてしまう。一方、世の中に対して懐疑的な心を持っている長男・貴(小柳友)は家族から距離を置くようになり、一家のまとめ役だったはずの妻・恵(小泉今日子)にも異変が起き始めていた。

 

 

9位 かもめ食堂

かもめ食堂 [DVD]

かもめ食堂 [DVD]

 

フィンランドヘルシンキで日本食堂を経営しているサチエは、図書館で知り合ったミドリを食堂のスタッフに迎える。お客は、日本アニメおたくの青年しかいない店にボチボチ人が集まるように。悩みをかかえたフィンランド人、荷物が出てこなくなって困っている日本人など、個性的なお客さんたちが、かもめ食堂に集まり、サチエたちの温かな心がこもった料理でなごやかな気持ちになっていく。

 

 

8位 GO

GO [DVD]

GO [DVD]

 

在日韓国人の杉原は、日本の普通高校に通う3年生。

悪友たちとケンカや悪さに明け暮れる日々を送っている。
ある日、杉原は加藤の開いたパーティで桜井という風変わりな少女と出会い、ぎこちないデートを重ねながら少しずつお互いの気持ちを近づけていく。
そんな時、唯一の尊敬できる友人であったジョンイルが命を落とす。
親友を失ったショックに愕然としながらも、同胞の敵討ちに向かう仲間には賛同できない杉原は桜井に救いを求め、勇気を振り絞って自分が在日であることを告白する。

 

 

7位 学校

学校 [DVD]

学校 [DVD]

 

夜間中学校に勤める黒井のクラスには働きながら夜間に通うカズ、中学校を不登校になったえり子、不良のみどり、日本の社会になかなか馴染めない中国人の張、焼肉屋を経営するオモニ、脳性麻痺で言葉の不自由な修、そして長年の肉体労働で身体を酷使した競馬好きのイノさんがいた。それぞれに違った環境でそれぞれの悩みを抱えつつ夜間に通う生徒たち。

 

 

6位 博士の愛した数式

博士の愛した数式 [DVD]

博士の愛した数式 [DVD]

 

交通事故による脳の損傷で記憶が80分しか持続しなくなってしまった元数学者「博士」と博士の新しい家政婦である「私」とその息子「ルート」の心のふれあいを美しい数式と共に描いた作品。

 

 

5位 誰も知らない

誰も知らない [DVD]

誰も知らない [DVD]

 

都内の2DKのアパートで大好きな母親と幸せに暮らす4人の兄妹。

しかし彼らの父親はみな別々で、学校にも通ったことがなく、3人の妹弟の存在は大家にも知らされていなかった。
ある日、母親はわずかな現金と短いメモを残し、兄に妹弟の世話を託して家を出る。
この日から、誰にも知られることのない4人の子供たちだけの『漂流生活』が始まる……。

 

 

4位 悪人

悪人 スタンダード・エディション [DVD]

悪人 スタンダード・エディション [DVD]

 

土木作業員の清水祐一は、長崎の外れのさびれた漁村で生まれ育ち、恋人も友人もなく、祖父母の面倒をみながら暮らしていた。

佐賀の紳士服量販店に勤める馬込光代は、妹と二人で暮らすアパートと職場の往復だけの退屈な毎日。そんな孤独な魂を抱えた二人が偶然出会い、刹那的な愛にその身を焦がす。

 

 

3位 ぐるりのこと

ぐるりのこと。 [DVD]

ぐるりのこと。 [DVD]

 

1993年、小さな出版社に勤める妻・翔子と生活力に乏しい夫・カナオは第一子の誕生を控え幸せな日々を送っていた。カナオは日本画家を目指す傍ら法廷画家の職を得る。その後第一子の死去という悲劇に見舞われた夫婦のうち、翔子は次第にうつに陥っていく。

 

 


2位 ホテルビーナス

ホテル ビーナス [DVD]

ホテル ビーナス [DVD]

 

あるストリートにたたずむ建物、ホテルビーナス。物静かな老オカマ・ビーナスが経営するそのホテルには、どこか影を背負った人々が、本当の名前さえ隠して共にひっそりと暮らしている。ある日、小さな娘を連れた男がやって来たのをきっかけに、彼らの生活は少しずつ変化し、それぞれが己の傷と向き合い、人生を見つめ直していく。

 

 

1位 サトラレ

サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS [DVD]

サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS [DVD]

 

思っていることを周りの人々に思念で伝えてしまい、しかも自分ではそれに気付かないという特異能力の持ち主「サトラレ」。しかし例外なく高いIQを持つ彼らを、国家は保護している。そしてここにも1人、「症例7号」と呼ばれるサトラレがいる。外科医を志した彼を保護するためにやってきた女性自衛官が目の当たりにする出来事とは…。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

ハリウッドの大作もいいですが、そればかりでは飽きてきてしまいますよね?

たまにはここで取り上げたような邦画を観てほっこりしてみることをおすすめします!

広告を非表示にする